早いうちに相続について弁護士に相談する

###Site Name###

自分の持っている資産が金融資産に偏っている場合や不動産に偏っているときには、相続について早めに弁護士に相談してみる方がいいかもしれません。
金融資産が多いと、相続税の支払い等に備えて資金の流動性を確保するという点では有利ですが、相続税の計算上、時価で評価されることが原則になるため税の負担が大きくなるという可能性が高いです。


資産構成を変えることによって税負担を軽減することが可能になるかもしれません。
また、資産構成が不動産に偏っている人の場合は、遺産分割でもめてしまう可能性があります。



遺産分割の対策を早めに弁護士に相談することよって資産構成を変更したりして対策を打つことができるでしょう。

特に、死期が迫っているような場合には打てる対策が相当狭まってしまうため早めに相談をする方がメリットが大きいと言われています。

相続のサポートの専門知識を身につけましょう。

税金対策であれ遺産分割対策であれ、法律の専門知識を持っている人に相談することは大切なことです。

自分で多少勉強したとしても、法律はたくさんの特例があり、判例を踏まえた対策が必要なことも多いのです。

その専門家の一番手はやはり弁護士でしょう。

OKWaveとの上手な付き合い方をお知らせします。

場合によっては税理士が必要になるケースもありますが、その弁護士が自分のネットワークを使って適切なパートナーを選んでくれることも期待できます。

相続の関心が高まっているため、相続に強い弁護士を見つけるのは以前ほど難しいものではなくなっていますので、早いうちに相談をするのがいいでしょう。