自分でストレスチェックする方法

  • 目に見えない負担感をストレスチェックで確認

    • 仕事をする上ではストレスを避けて通ることは難しいものです。


      それを上手に発散し、受け流したり解消したりすることができる余裕があれば事態が悪化することは少ないのですが、職場環境や人間関係が絡んでくると、一つ一つの事象が重い心理的負担となって精神的な重圧が強くのしかかってくるようになります。ストレスチェックはそのように目に見えない負担感を可視化し、自分自身も事業者側も把握することができるようにするというメリットがあります。

      ストレスチェックの情報検索をお役立てください。

      ストレスがどの程度の強さでかかっているのかを確認し、必要であれば適切な休養や心療内科の受診などを促していくことが企業側に求められます。

      職場環境の改善も同時に行うことが必要とされ、特に残業に係る勤務時間やパワハラ案件などは、徹底的に見直していかなければならないものであるといえるでしょう。

      朝日新聞デジタル情報をピックアップしたサイトです。

      従業員を50名以上抱える事業所には、このストレスチェックが義務化されています。

      従業員の心身の状態を確実に把握することの重要性が認知されてきているとともに、メンタルヘルスの観点からもストレスを軽んじることは企業倫理に反することであるという認識も高まってきています。
      これは良い傾向でありますが、50名未満の小規模な事業所に関しては「努力義務」とされていることは課題として残されています。今後すべての事業所と個人によるストレスチェックが適正に行われ、精神疾患の予防に対する理解が進むことが望まれています。